医者は医療で人を殺していいのか。

1 :名無しさん@おだいじに:2017/04/29(土) 05:13:52.85 ID:CTuJLMNa.net
もう少し考えろ。

2 :名無しさん@おだいじに:2017/04/29(土) 12:05:34.41 ID:???.net

良いに決まってるでしょ。そっちこそもう少し考えろ

45 :名無しさん@おだいじに:2017/05/10(水) 22:13:23.36 ID:???.net

>>43
遺族も喜んでるから

42 :名無しさん@おだいじに:2017/05/09(火) 00:54:41.00 ID:???.net

【北海道】”杖つく女性”事件直前 防犯カメラに 通報者「倒れている女性を20メートルひきずった」 札幌 [無断転載禁止]©2ch.net

これは、現場近くの防犯カメラの映像です。杖をついた女性が、車道をゆっくりと歩き、画面から消えた直後、車が通り過ぎる様子が映っています。

5月8日午前2時前、「高齢の女性が路上に倒れている」と車で通りがかった男性から、警察に通報がありました。
倒れていたのは、近くに住む入井ミヨヱさん(90)で、その場で死亡が確認されました。

午前2時に杖をつきながらゆっくり道路横断してはねられる
おそらく徘徊老人だろう
徘徊老人のために、一人のひき逃げ犯が生まれてしまった。加害者は責めと罪の意識を一生背負って生きるのだ

14 :名無しさん@おだいじに:2017/05/02(火) 20:16:21.38 ID:???.net

生産性がなく、回復の見込みがなく、
家族に介護負担のみ負わせ、
追い詰められた家族が時に尊属殺人に走り
本人の意志は最早前頭葉萎縮により存在し得ず
ただの獣に成り果てて糞尿を垂れ流す存在に
なってしまった、認知症患者を生かす意味を教えて
俺がもしそんな存在になるなら安楽死させてほしいと思う

コピペばかり貼ってないでさ
要するに反論できないから思考停止してるんでしょ
彼らの人権ガーとか言うくらいしかできないんだろ
俺は認知症の親が死んだ時、正直に言ってホッとしてしまったよ

24 :名無しさん@おだいじに:2017/05/04(木) 09:14:05.24 ID:???.net

某精神科医曰く。

「厳重な鍵で管理された病棟には、徘徊する患者さんもいる。
家族の事情もあって、その中に認知症の老人たちも放り込まれるわけです。
その中で精神症状や行動障害が問題となる老人の認知機能障害は、軽度から中度がほとんど。」
精神病院に入れられたということを理解できる人が多い。

当然、彼らは不安で不安でしようがない。その結果、彼らの多くも出口を求めて徘徊し始めますが、
中には不安の裏返しで暴れたり、興奮を見せたりする者も出てきます。

そうなると、今度は精神保健指定医の判断のもと、保護室に隔離したり、
身体拘束の措置が取られたりする。その際に強い薬物を投与されることも多い。
こうした強制力行使が、かえって認知症の重症化や寝たきり化に繋がることもあるわけです。

それでも、残存能力を活かしたり、引き出したりするリハビリ的な介護があれば、
認知症の精神症状や行動障害は軽減されていくもの。

しかし、精神病院ではそういうリハビリ的な介護はまず期待できない。
一般病院に比べて対患者のスタッフ数が少ないこともあり、病棟に閉じこめて管理するしかないからです。
そのこともまた、認知症を悪化させていく要因になる。

しかも、食欲が落ちたと言っては、ゼリー状の病院食に切り替えられ、やがて点滴に頼るようになる。
弱っていくのも当たり前で、行き着く先は寝たきりです。
これが昨今の精神病院が抱える大きな問題の一つなのです。」

69 :名無しさん@おだいじに:2017/11/11(土) 22:27:35.41 ID:j8bOuGJq.net

>>5
他人にとっては、必要ない人も家族にとっては大事な存在なんだよ
普遍的な存在価値を考えれば、宇宙や地球にとって人類そのものが必要かどうか分からない存在だ
必要と考える人がいる限り、その人は必要なんだよ

15 :名無しさん@おだいじに:2017/05/02(火) 20:18:18.70 ID:???.net

俺はホッとしてしまったんだよ
その救いになる答えを今も探してるよ
正直に言って施設に入れてもっと早く死んでくれた方が良かったよ
そう思ってしまう自分が苦しいんだよ

コピペばかり貼ってないでさ、早く俺を救ってくれよ

62 :名無しさん@おだいじに:2017/05/23(火) 22:54:56.08 ID:???.net

 高齢者肺炎の多くは誤嚥性肺炎であることも分かってきている。全国調査では全肺炎
入院患者の60%強を誤嚥性肺炎が占め、原因別では市中発症肺炎の約60%、院内発症肺
炎では90%近くを占める。また、誤嚥性肺炎は50歳以降、加齢とともに急激に上昇し、
70歳以降ではほとんどを占める(J Am Geriatr Soc 2008; 56: 577-579)。
   −中略−
 呼吸器専門医が主治医となった治療群と、非専門医が主治医となって呼吸器専門医が
週1回のカンファレンスで相談に応じた治療群との間に有意な生存率の差はなく、多変
量解析では90日後の死亡リスクが寝たきりで約4倍上昇し、栄養状態良好の場合の同リ
スクはほぼ半減していた(Clin Respir J 2016; 10: 462-468)。

門田氏は、この結果について「高齢者肺炎では必ずしも呼吸器専門医を主治医とする
必要はないが、寝たきりと栄養状態良好など、本人の状態が予後に大きな影響を与えて
いることからチーム医療・ケアの重要性を示唆しているとも考えられる」と話す。

https://www.m3.com/clinical/news/525684

> 高齢者肺炎では必ずしも呼吸器専門医を主治医とする必要はないが、
> 寝たきりと栄養状態良好など、本人の状態が予後に大きな影響を与えている

老人に抗精神病薬をぶち込んで拘束している精神科・認知症病棟だと、、
ほぼ確実に肺炎死させるkとができるw
 

73 :名無しさん@おだいじに:2018/01/25(木) 22:04:07.37 ID:???.net

老親がいるものは、必ず読め!!

『大往生したけりゃ医療とかかわるな』
http://d.hatena.ne.jp/iirei/20121220
『「平穏死」という選択』
http://blog.livedoor.jp/kouyama2012-001/archives/51910133.html

60 :名無しさん@おだいじに:2017/05/18(木) 21:59:28.97 ID:???.net

認知症患者を殺処分して儲けるビジネスモデルは犯罪です。>日本精神科病院協会
 

3 :名無しさん@おだいじに:2017/04/30(日) 07:12:53.89 ID:???.net

■隠れた大量殺人

Dementia drug death risk warning
After two years, 46% of patients treated with anti-psychotics were alive compared with 71% on the placebo.
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/7817583.stm

 2年後、抗精神病薬を投与されていた認知症患者の内、54%が死亡、
 他方、偽薬(プラセボ)を投与されていた認知症患者は、29%が死亡。

つまり、2年間のうちに、患者のうちの25%が、精神科医による投薬で殺されたということ。
で、英国では、認知症患者への抗精神病薬の使用が激減した。

抗精神病薬投与
  ↓
ドーパミン神経伝達をブロック(→サブスタンスPの合成減少)
  ↓
傾眠・嗜眠、筋強剛 (咀嚼の障害)、咳反射・嚥下反射の低下
  ↓
(不顕性)誤嚥、栄養障害、免疫力低下、拘縮、寝たきり
  ↓
 肺炎 → 死亡

日本の精神病院を死亡退院する人数は、年間19000人近い。
死にかけて他病院に移されて死ぬ患者も多い。
日本では、認知症患者の精神科病院への収容が急速に増加しているが、
薬剤性・誤嚥性肺炎で、大量に殺され続けている。

死亡診断書には「肺炎」とのみ書かれ、この極悪犯罪は闇に葬られている。
精神科医による大量殺人に比べれば、一般の殺人(年間900人)の方がはるかに少ない。

7 :名無しさん@おだいじに:2017/05/01(月) 06:43:36.29 ID:???.net

薬師寺みちよ参議院議員(医師,医学博士)

平成29年4月25日 厚生労働委員会 
精神保健福祉法改正案質疑 関連facebook記事

[ 同議員のフェイスブック記事引用 ]

「実は、精神科病院は死亡退院が多いのです。
1ヶ月間で1500人(1年で約18000人)の患者が死亡退院しているにも関わらず、
厚労省はその実態調査を行っていないことも分かってまいりました…」

「今回の法改正を行うのであれば、
精神科医療の闇にメスを入れなければ意味がありません。…」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=675576839297182&set=a.110106405844231.1073741826.100005346158800&type=3&theater

> 精神科医療の闇にメスを入れなければ意味がありません。

7 :名無しさん@おだいじに:2017/05/01(月) 06:43:36.29 ID:???.net

薬師寺みちよ参議院議員(医師,医学博士)

平成29年4月25日 厚生労働委員会 
精神保健福祉法改正案質疑 関連facebook記事

[ 同議員のフェイスブック記事引用 ]

「実は、精神科病院は死亡退院が多いのです。
1ヶ月間で1500人(1年で約18000人)の患者が死亡退院しているにも関わらず、
厚労省はその実態調査を行っていないことも分かってまいりました…」

「今回の法改正を行うのであれば、
精神科医療の闇にメスを入れなければ意味がありません。…」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=675576839297182&set=a.110106405844231.1073741826.100005346158800&type=3&theater

> 精神科医療の闇にメスを入れなければ意味がありません。

38 :名無しさん@おだいじに:2017/05/08(月) 23:29:33.41 ID:???.net

金のために殺している。。。 それが精神病院・認知症病棟。

26 :名無しさん@おだいじに:2017/05/05(金) 19:43:25.13 ID:UV1xo7HQ.net

「認知症5万人」 を幽閉する精神科病棟 FACTA 2014/09
http://www.yuki-enishi.com/ninchi/ninchi-28.pdf

すでに6万人を超える人が強制収容されている。

46 :名無しさん@おだいじに:2017/05/12(金) 02:06:40.86 ID:???.net

■日本版絶滅収容所とは

認知症患者の経済的利用・抹殺を目的として、
日本政府と日本精神病院協会が設けている強制収容所の一種である。

日本版絶滅収容所は、主として、日本の精神科病院の経営安定のため設けられており、
現時点で、6万数千人が強制収容されている。

入院の名目は、医療保護(w)であるが、実際には、本人の意思に反する強制収容である。
犠牲者の死因は、通常は、肺炎等の各種感染症として処理される。
 
よくあるパターン。

   転倒して入院
 → 認知症発症
 → 悪徳精神病院入院
 → 抗精神病薬投与&身体拘束
 → 廃人化
 → 肺炎死

まで行くと、余命1年以内。

別のよくあるパターン

   認知症発症
 → クリニックに通院&症状悪化
 → 関連の悪徳精神病院へ紹介入院
 → 抗精神病薬投与&身体拘束
 → 廃人化
 → 肺炎死

クリニックと悪徳精神病院は、患者転がしの利益共同体である。

8 :名無しさん@おだいじに:2017/05/01(月) 09:00:31.99 ID:???.net

日本精神科病院協会政治連盟と主要な政治家との関係(献金)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/141128/2363200019.pdf

石井みどり 500万円
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/141128/1200500031.pdf
衛藤晟一 800万円
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/141128/0031300064.pdf
木村義雄 500万円
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/141128/0032100037.pdf
古川俊治 100万円(他にも埼玉精神科病院協会から50万円)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/141128/1173200043.pdf
武見敬三 100万円
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/141128/1149600075.pdf

日精協雑誌 2013 2月号 巻頭論文「正念場(山崎学会長)」によれば、下記の議員らにも、献金している。
安倍晋三内閣総理大臣(山口4区 平成21年 陣中見舞い 300万円)
田村憲久厚生労働大臣(三重4区 平成21年 陣中見舞い 300万円、寄付金30万円)
根本匠復興大臣(福島2区 平成21年 陣中見舞い 300万円、他)
山口俊一財務副大臣(徳島2区)
鈴木俊一外務副大臣(岩手2区 陣中見舞い 300万円、他)
菅原一秀経済産業副大臣(東京9区 平成21年 陣中見舞い 200万円)
衛藤晟一総理大臣補佐官 参議院議員比例 大分1区)
加藤勝信内閣官房副長官(岡山5区)
鴨下一郎国会対策委員長(東京13区 厚生労働副大臣 平成21年 陣中見舞い 300万円、他) 

新オレンジプランが最後の最後で歪められたのは、特に石井みどり議員の働きかけが大きいと言われています。
石井みどり議員は、父親も兄も精神科病院の経営者であり、兄は日本精神科病院協会の幹部です。

新オレンジプランの不可解な変更
http://diamond.jp/articles/-/66183
山崎学のFacebook 政治家とのつながりを誇示しています。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100005327610873

10 :名無しさん@おだいじに:2017/05/01(月) 09:23:29.64 ID:???.net

精神病院が減らない理由(入門編)

オーナーの本音

日本は先進国の中で、人口比当たりの精神科病床は最も多く、また平均在位日数も飛び抜けて高い「例外国」です。
その理由について、精神科医達は、「地域の受け皿がない」「家族の理解がない」「本人がまだ退院出来る状態ではない」
などの「もっともらしい理由」を述べて来ました。しかし、建前ではない本音のところは、どうなのでしょうか?

厚労省の病床削減に関する検討会で出された、ある業界団体の幹部の「本音」をご紹介します。

千葉潜委員(青仁会青南病院院長)は、長期入院している精神障害者をグループホームに移行させた場合、
赤字経営を強いられる可能性が高いとする試算を紹介。それでもあえて入院患者の地域移行を進める病院は、
精神医療の改革を意識した良質な病院であるとし、「そうした病院が病床を減らしても食べていけるような裏付け
がなければ、長期入院する精神障害者の地域移行は進まない」と訴えた。

葉梨之紀委員(日本医師会常任理事)も、現行制度では民間の精神科病院が自ら病床を削減するのは、
ほぼ不可能に近いとし、「削減を進めるための、なんらかの新たなモデルが必要」と述べた。
(2014 年 5 月 21 日 キャリアブレインニュース)

「病床を減らしても食べていけるような裏付けがなければ、長期入院する精神障害者の地域移行は進まない」というのは、
入院患者本人の症状・状態や家族・地域社会の理解度の問題とは全く違う、精神科病院の経営上の理由です。

事実、医師会代表も「削減を進めるための、なんらかの新たなモデルが必要」と言いますが、これは、
病床を削減しても儲けるための「ビジネスモデル」そのものです。患者の利益にとっての最善、ではなく、
病院経営にとっての最善、こそが国の病床削減の検討会で堂々と臆面も無く語られています。

そして、この病院経営至上主義は、60 年近くもの間、日本社会における「既得権益」になっているのです。

http://www.yuki-enishi.com/enishi/enishi-2016-06.pdf

59 :名無しさん@おだいじに:2017/05/18(木) 17:12:33.98 ID:???.net

次コピペしたら、コピペ野郎は敗北を認めたってことだな

57 :名無しさん@おだいじに:2017/05/18(木) 17:08:21.02 ID:???.net

そもそも認知症患者を生かす意味があるのかという問いにコピペ野郎は答えていない
施設に預けられてるというのはある意味家族が見放した患者
獣みたいになってしまったそれを生かしておく意味があるのか?
答えられないからコピペしかできない

18 :名無しさん@おだいじに:2017/05/02(火) 22:05:45.72 ID:???.net

精神科病院の死亡退院問題。ついに国が動く!

上田 令子
東京都議会議員(江戸川区選出)、都議会会派「都民ファーストの会 東京都議団」

敬愛し、長年国と地方自治とで連携して政策課題に取り組んできました、
三人のお子様の母であり医師でもある薬師寺 みちよ参議院議員が、
平成29年4月25日の厚生労働委員会にて、精神病院の死亡退院の多さを指摘、
塩崎厚生労働臣が実態を把握していないことを認め、原因究明と調査に乗り出す
ことを国が明言したのであります!

私も都立松沢病院の死亡退院の多さをかねてより指摘してまいりました。

松沢病院の死亡退院数は毎年80〜90件を推移し、60歳以下では平均15人、
26年には十代が2人亡くなっています。精神科全国平均と比較すると約2倍の死亡退院率
という事を平成25年度決算審査で明らかにいたしました。死因は「呼吸器」が36%で、

日本人の死因はガンがトップの3割を鑑みれば違和感を否めず、
多剤多量投与による誤嚥性肺炎ではないか?と疑っていました。

   −中略−

薬師寺参議院議員の質疑によりまして、政府は急増する拘束や隔離、死亡について分析をしていく
と約束してくれましたことから、全国的な死因の調査研究に繋がることを願いますし、
日本を代表する精神科病院である東京都立松沢病院からまずその先鞭をつけていくべく
引き続き上田は取り組んでまいります。

http://agora-web.jp/archives/2025840.html
 

16 :名無しさん@おだいじに:2017/05/02(火) 20:36:41.83 ID:???.net

結局、安全圏からコピペの銃弾を撃っている物見遊山なんだろ?
俺に言わせれば、善人面しているあんたが一番たちが悪いよ

27 :名無しさん@おだいじに:2017/05/05(金) 20:57:08.26 ID:???.net

転倒して入院
 → 認知症発症
 → 悪徳精神病院入院
 → 抗精神病薬投与&身体拘束
 → 廃人化
 → 肺炎死

これが、よくあるパターン。
まで行くと、余命1年以内。

9 :名無しさん@おだいじに:2017/05/01(月) 09:03:24.57 ID:???.net

日本精神科病院協会は、日本精神科病院政治連盟の名義で毎年いわゆる厚生族議員に多額の献金をしています。
現厚生労働大臣である塩崎氏に対しても、平成24年12月7日に200万円陣中見舞として献金をしています
(※しかもなぜか塩崎氏個人宛てに!!!)
http://www.soumu.go.jp/…/sei…/contents/131129/2369400019.pdf

一方、日本精神科病院協会は、毎年補助金を国からもらっています。
http://www.nisseikyo.or.jp/about/katsudou/hojokin

しかしどうやらこのような研究調査目的の補助金は政治資金規正法の禁止から除外されるようです。
(政治資金規正法第二十二条の三 参照)

それでは問題ないじゃないか、というわけではありません。日本精神科病院協会傘下の民間精神科病院に対しては、
毎年「保健衛生施設等施設・設備整備費」などとして巨額の補助金が出ているのです。
これは完全なアウト!・・・と思われるかもしれません。しかし、これには抜け穴があるのです。

二つの逃れかたがあります。
1.献金しているのは協会で、補助金を受けているのは個々の病院だら違法ではない
2.日本精神科病院協会と日本精神科病院政治連盟は別団体だから問題ない

これが日本の政治です。本質的に収賄であったとしても、抜け穴を使えば公然と献金&見返りが成り立つのです。

日歯連、石井議員側に4億円 13年参院選前に支出
http://www.asahi.com/articles/ASH9T65DYH9TUTIL03P.html

金を受け取ったのは、精神科病院協会の利権議員である石井みどり。

新オレンジプランが最後の最後で歪められたのは、
特に石井みどり議員の働きかけが大きいと言われています。

> 現厚生労働大臣である塩崎氏に対しても、平成24年12月7日に200万円陣中見舞として献金

29 :名無しさん@おだいじに:2017/05/05(金) 21:01:12.51 ID:???.net

わが国の精神医療は入院医療に大きく依存しており、医療費のほとんどが私立精神科病院で使われています。
入院医療の質はたびたび国際機関から批判声明が出されるほど、国際水準から見て劣悪といえます。

■世界の主流は地域精神医療

たとえば、カナダのバンクーバーは、世界でも先進的な精神医療を実践している地区です。
平均の入院期間が1週間から10 日で、日本のような超長期入院の方は、ほとんどいません。
多剤大量療法といわれる、日本の精神医療を特徴付ける薬漬けもありません。
イギリスやイタリアをはじめとする欧米各国も、このような地域ケアシステムが出来上がっています。
すでに世界の趨勢は地域でのケアが当たり前で、医療と生活、人権の尊重がバランス良くシステム化されています。

■人権が尊重されない日本の精神医療

しかし、日本の現状はどうでしょうか。相変わらず、薬漬けにより当事者は苦しめられ、
慢性化して閉鎖病棟に長期間閉じ込められています。病気は治っているのに、地域での支援が無いために
入院を継続している社会的入院者が数万人おり、毎年2万人を超える方々が精神科病棟内で亡くなっています。
退院後の生活を支えるグループホームの数も多様性も全く足りません。不当な入院継続などを審査する
精神医療審査会制度もほとんど機能していません。人権の尊重には未だに遠い現状です。

■なぜ、変わらないのか?

閉じ込めるだけの精神医療は施設症を産み、むしろ有害であることが世界の常識です。
繰り返し、国連やWHO,国際法律家委員会などからも、日本政府に批判や改善勧告が出されていますが、
状況は変わりません。それは、日本の精神科病院の9割が民間であり、営利を追求せざるを得ないためです。
利益確保のために、退院よりも入院患者でベッドを埋めることを選ぶ病院経営が常態化しています。
この改革に、厚労省は斬り込めていません。当事者の家族にとっては、公的な支援が乏しいために
病院が必要とされ、当事者にとっては利用できる地域資源が乏しいために病院に頼るしかないのが日本の現状です。
この構造を抜本的に変える必要があります。

http://blog.goo.ne.jp/psw-ryu/e/a26e49a7cd1b5e8ca435bc1ea3f26c0a

54 :名無しさん@おだいじに:2017/05/16(火) 16:53:51.42 ID:???.net

年取っても、なるべく医者にかからない方が良い。
投薬と入院&廃用で心身ともにボロボロにされることが多い。例↓

精神科医の本音日記 2016-06-07

躁鬱病81歳女性。心筋梗塞と大腸癌で手術後。
「最近食事量が落ちてきた、うつが再発したのではないか」と家族。
確かに表情も優れず、動きも鈍い。

維持で飲んでた坑うつ剤を増量したら返って動きが悪くなり、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
終日臥床となってしまったので、とりあえず入院してもらったのが去年の春。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
点滴しながら坑うつ剤をスイッチしてたら、
急性肝炎になってしまって、坑うつ薬を中止せざるを得なくなった。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
すると、Hさんは食事も取らずに只管寝てるだけ。
3か月で認知症状が顕在化し、夜間せん妄も出現するようになってしまった。
老人科Drに相談したら、「これは老衰だろう」という話になった。

家族の同意を得て、そのまま500ccの点滴1本の見送り体制になって、
2週間後、「お腹が空いた」と言い出した。

その後食欲も出て、身体は急速に回復したが、急速に認知が進み、
1か月のうちにみるみる重度の認知症者になってしまった(CTでも梗塞像はなく、年齢相応の委縮のみ)。
躁鬱病者はボケるのが早いと言われてはいるけど、こんな患者初めて。認知症は奥が深い。

http://d.hatena.ne.jp/satochan8/20160607/1465300084

それにしても、ヤブ医者に廃人にされる年寄りの多いこと、多いこと。

76 :名無しさん@おだいじに:2018/03/29(木) 02:47:08.21 ID:???.net

北海道以外で初…寄生虫『エキノコックス』愛知・知多半島で感染拡大 うつると重い肝不全も (東海テレビ) – Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00002890-tokaiv-l23

 キツネやイヌからヒトにうつると肝臓などに重い症状が出る寄生虫「エキノコックス」が、愛知県の知多半島で広がっていることがわかりました。

 エキノコックスは北海道のキタキツネに多く見られる寄生虫で、ヒトにうつると10年前後の潜伏期間を経て重い肝不全を起こすことがあります。

 愛知県では2014年阿久比町で捕獲された野犬で、本州のイヌとしては全国2例目となる感染が確認されていましたが、調査を続けた結果、3月に入り南知多町など周辺の市町で複数の野犬への感染が確認されました。

 国内では北海道以外で感染の広がりが認められるのは初めてで、愛知県や厚労省は知多半島の一部を流行地域と位置付けて、注意を呼びかける方針です。

6 :名無しさん@おだいじに:2017/05/01(月) 06:41:35.34 ID:T+BaFVVe.net

日本版絶滅収容所とは

認知症患者の経済的利用・抹殺を目的として、
日本政府と日本精神病院協会が設けている強制収容所の一種である。

日本版絶滅収容所は、主として、日本の精神科病院の経営安定のため設けられており、
現時点で、6万数千人が強制収容されている。

入院の名目は、医療保護(w)であるが、実際には、本人の意思に反する強制収容である。
犠牲者の死因は、通常は、肺炎等の各種感染症として処理される。

25 :名無しさん@おだいじに:2017/05/05(金) 13:02:15.10 ID:???.net

認知症・精神科病院・医療保護入院の典型例↓

■父親を介護している50歳代男性の場合

15年前に母親を亡くした50歳代男性は、父親と二人暮しです。
父親は昨年夏まで畑仕事をしていましたが、秋に認知症楽天 と怪我で入院しました。

退院後、夜中に大声を出します。一晩に20回トイレに行くと言って起こします。
1日だといいけれど、2、3日と続くと一人では限界でした。

夜眠れない、目が離せない、介護サービスを頼むと暴力を振るう、という状況で
今年2月に精神病院へ入院しました。

面会に行くと、両手・両足を縛られてベットに寝かされていました。
目は開いていたけれど、涙を流していたそうです。

すぐに転院先を探したが、なかなか見つかりませんでした。車椅子に拘束され、
おむつを当てて寝ている時間が長くなり、10日後ぐらいから痩せてきて立てなくなるし、
言葉もしゃべれなくなりました。

1ヶ月半後介護施設に変わりましたが、肺炎を起こして亡くなりました。

50歳代男性は、「精神病院に入院後、5ヶ月で死亡。
まさか、こんなことになるとは思わなかった」と言います。

認知症で、昼夜の逆転があり、家に帰りたいと介護施設では暴力を振るうし、
自分は仕事があるので精神病院に入院するしかなかった。

http://tom.as76.net/health/nintisyou_tiik.php

抗精神病薬投与と身体拘束で廃人化します。

23 :名無しさん@おだいじに:2017/05/04(木) 09:12:46.27 ID:???.net

食が細くなり嚥下が落ち
内服困難で内服薬中止すると
なぜか復活するシステムの種

ところが最近の介護士は出来がいいから
どんなに食事摂取が落ちて
数口の水分摂取がやっとの状態でも
そのたった一口の水分に薬を載せて流し込む技術を習得してる
スーパーな介護士のおかげで
完全犯罪が成立してるw

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

要するに、薬剤のせいで嚥下機能が落ちて、
食べられなくなり死亡しているわけです。

34 :名無しさん@おだいじに:2017/05/07(日) 14:22:18.54 ID:???.net

ニュー速+でも概ね死なせろって意見だったな
自分の親だろうが、自分だろうが、働けていようが
いまいが70過ぎたら死ぬべきと言う意見すらあった

5 :名無しさん@おだいじに:2017/05/01(月) 03:40:08.34 ID:???.net

>>3
コピペに言っちゃうのも何だが、
認知症患者って生かして意味あるの?
家族を苦しめたり、尊属殺人に走らせる人さえいるじゃん
本人だって元気だった頃に戻れば、もう殺してって言うだろ
生存=正義ってのは古い考え方じゃない?

71 :名無しさん@おだいじに:2018/01/01(月) 01:05:39.30 ID:???.net

患者を拘束する理由は軟弱な病院職員の怪我予防だけでそれ以上でもそれ以下でもない
ようは拘束を悪用してカスな職員を甘やかしてるってわけよ

ただそこはあくまで現場レベルの話

他にも病院が故意に患者を殺害したい場合に身体拘束という手段が取られてるのが一般的や
なぜかってえと病院は定期的に死亡調整して患者を死亡退院させてやらないと診療報酬を騙し取れなくなるからや

つまり病院経営側と現場側の利害関係が一致した結果、身体拘束で患者を殺してるってことやな

43 :名無しさん@おだいじに:2017/05/10(水) 20:58:11.16 ID:???.net

よくあるパターン。

   転倒して入院
 → 認知症発症
 → 悪徳精神病院入院
 → 抗精神病薬投与&身体拘束
 → 廃人化
 → 肺炎死

まで行くと、余命1年以内。

別のよくあるパターン

   認知症発症
 → クリニックに通院&症状悪化
 → 関連の悪徳精神病院へ紹介入院
 → 抗精神病薬投与&身体拘束
 → 廃人化
 → 肺炎死

クリニックと悪徳精神病院は、患者転がしの利益共同体である。

51 :名無しさん@おだいじに:2017/05/14(日) 10:55:18.79 ID:???.net

satochan8  ニックネーム バルタン悠
中年の現役臨床精神科医。

ドイツの精神医学学会の謝罪

ドイツの精神医学精神療法神経学会が、ナチス時代にドイツ精神医学の名のもとに強制的に断種され(去勢)、
殺害された大勢の精神病患者に対し、正式に謝罪を表明したという記事と、その謝罪表明の内容が
今年の精神神経学雑誌の8月号に載っていました。

ナチスに協力した当時の多くの精神科医は人間として恥ずべき行為をしたのであり、
今後はドイツの精神科医はあらゆる人間の尊厳を守ることを誓う、ということでありました。

 しかし、です。ナチス時代には<遺伝病子孫予防法>という法律があり、その法律では、
精神科医に治癒不能と判断された精神病者は毒ガスで安楽死させる事になっていたのであります。

法律を作った人は大いに反省してもらうにしても、当時の精神科医は法律を守っただけであり、
法律を守ったことを反省しろ、というのは何かおかしい気がします。
精神科医は法律を超越する存在とでもいうのでしょうか? 

確かにヒポクラテスの誓いには、<私は能力と判断の限り患者に利益すると思う養生法をとり、
悪くて有害と知る方法を決してとらない>とありますが、これは治療法についてのことであり、
法律を破っても良い、ということにはならないんじゃないか、と思うのであります。

おまけに戦後70年も経ってから謝罪しても余り意味がないような気がするのですが、どうでしょうか?

http://d.hatena.ne.jp/satochan8/20111012/1318417491

> 精神科医は法律を守っただけであり、
> 法律を守ったことを反省しろ、というのは何かおかしい

28 :名無しさん@おだいじに:2017/05/05(金) 21:00:26.76 ID:???.net

64 :名無しさん@おだいじに:2017/08/19(土) 01:24:24.12 ID:y9+CaUWp.net

・731部隊 → 人体実験・凍傷実験・大量殺人 → 日本国勲章(吉村寿人)
・日精協 → 認知症老人強制収容・大量殺人 → 日本国勲章(山崎學)

昔も今も、日本の医者と厚労省は変わらないなw

4 :名無しさん@おだいじに:2017/05/01(月) 02:49:35.28 ID:???.net

医者は殺す覚悟がなければ医者をしてはいけないし、
患者は死ぬ覚悟がなければ医療を受けてはいけない
いやなら医療なんて成立しないし、医療を受けなければいいだけだろ

56 :名無しさん@おだいじに:2017/05/17(水) 20:37:29.11 ID:???.net

認知症対応のグループホームに入所していたアルツハイマーの父が、
暴言、暴力行為が出てきたということで、精神科病院に入院となりました。

ヒルナミン1アンプルを入院当日と翌日の晩に接種したところ誤嚥性肺炎を発症し、
重体となりそのまま1週間意識がもどりません。

73歳で高齢なのでこのまま回復できず、寝たきりになりそうです。
最悪の場合は命の保証もないとのことです。

医師は通常の医療行為を施した、ミスはないと言っていますが、
前日まで肉体的には健康であった父の様子からみて、疑念がぬぐえません。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1427027389

日本全国で起きている、精神科医による日常的な殺人。

40 :名無しさん@おだいじに:2017/05/09(火) 00:12:46.07 ID:???.net

>>37
家畜と精神病患者を一緒にするなんて家畜に失礼だろ

47 :名無しさん@おだいじに:2017/05/12(金) 08:58:49.14 ID:???.net

■刑務所と精神科病院・認知症病棟の比較

【健康】

 刑務所  ・・・栄養が保障され、健康になる。

 精神病院 ・・・食事を十分取れないことが多く、栄養不良になる場合が多い。

【拘束】

 刑務所  ・・・基本的に身体拘束されることはない。作業も含め十分な運動が保障される。

 精神病院 ・・・昼間は車椅子に拘束され、夜は薬物で抑制される。程なく歩けなくなり、寝たきりに。

(注: 厚労省の統計では車椅子拘束は、身体拘束数に含まれていない。)

【退院】

 刑務所  ・・・刑期を終えれば自由になる。

 精神病院 ・・・死亡退院が多い。

認知症:精神科病院入院の問題と在宅医療
http://www.dailymotion.com/video/xr8bi1_yyy-yyyyyyyyyyyyyyy_lifestyle

 

50 :名無しさん@おだいじに:2017/05/14(日) 10:52:47.44 ID:???.net

監禁・拘束・薬殺、精神科医のしごと

67 :名無しさん@おだいじに:2017/09/13(水) 00:33:30.74 ID:???.net

責任重大

77 :名無しさん@おだいじに:2018/07/03(火) 19:36:06.95 ID:???.net

■刑務所と精神科病院・認知症病棟の比較

【健康】

 刑務所 ・・・栄養が保障され、健康になる。

 精神病院 ・・・食事を十分取れないことが多く、栄養不良になる場合が多い。

【拘束】

 刑務所 ・・・基本的に身体拘束されることはない。作業も含め十分な運動が保障される。

 精神病院 ・・・昼間は車椅子に拘束され、夜は薬物で抑制される。程なく歩けなくなり、寝たきりに。

         (注: 厚労省の統計では車椅子拘束は、身体拘束数に含まれていない。)

【退院】

 刑務所 ・・・刑期を終えれば自由になる。

 精神病院 ・・・死亡退院が非常に多い。

認知症:精神科病院入院の問題と在宅医療
http://www.dailymotion.com/video/xr8bi1_yyy-yyyyyyyyyyyyyyy_lifestyle

39 :名無しさん@おだいじに:2017/05/09(火) 00:12:15.84 ID:???.net

精神病患者、認知症患者はむしろ公然と死に追いやる制度づくりが必要じゃないだろうか
そういう問題提起を>>1はしたかったんだと思われる

17 :名無しさん@おだいじに:2017/05/02(火) 22:04:11.10 ID:???.net

薬師寺みちよ参議院議員(医師,医学博士)

平成29年4月25日 厚生労働委員会 
精神保健福祉法改正案質疑 関連facebook記事

[ 同議員のフェイスブック記事引用 ]

「実は、精神科病院は死亡退院が多いのです。
1ヶ月間で1500人(1年で約18000人)の患者が死亡退院しているにも関わらず、
厚労省はその実態調査を行っていないことも分かってまいりました…」

「今回の法改正を行うのであれば、
精神科医療の闇にメスを入れなければ意味がありません。…」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=675576839297182&set=a.110106405844231.1073741826.100005346158800&type=3&theater

> 精神科医療の闇にメスを入れなければ意味がありません。

まさにその通り。

49 :名無しさん@おだいじに:2017/05/14(日) 06:20:56.07 ID:???.net

「病院にいるなら刑務所がいい」と入院患者を殺害した男を逮捕「若い人は可愛そうだから年寄りにした」

仙台東署は28日、仙台市の精神科の病院で、入院患者の無職男性(72)=仙台市=を殺害したとして、
殺人容疑で、別の病室に入院していた無職男(26)=宮城県大崎市=を逮捕した。

> 「病院にいるなら刑務所がいい」

確かに、精神科病院に収容されるより、刑務所の方がずっと良い。

30 :名無しさん@おだいじに:2017/05/06(土) 02:01:16.29 ID:???.net

「ホールに車椅子で座っていらっしゃる患者さんの多くが、つなぎ服で

 車椅子に身体拘束されてテーブルに付いていました。」

精神科病院における身体拘束が、2003年に5109人だったものが、 2011年は9254人までさらに増え、
2013年比1.8倍になっています。 しかし、この中にはブログにあるような
「車椅子に身体拘束」は十分反映されていません。というか入っていないものが沢山あります。

何故なら、日精協と旧厚生省間の疑義照会に対する回答で

  「寝たきり予防や食事のために移乗させたり、車椅子での移動の際の車椅子からの転落・ずり落ち防止のための

  ベルト等を使用することは、身体拘束に当りません。ただし、恒常的にベルトで固定する場合には身体拘束に当ります」

などと実質的にどうにでも判断できるいい加減な取り決めをし、これを「精神保健実務マニュアル」などとして
日精協会員病院に配布しているからです。

http://www.yuki-enishi.com/senryaku/senryaku-20-4.pdf

劣悪な精神病院に強制的に入院させられた認知症患者は、
栄養不良と薬剤の副作用と拘束による廃用症候群で、 寝たきり廃人となり、
誤嚥性肺炎となり、次々と死んでいく。
 
テレビが報道しない日本の隠れた大量殺人です。

37 :名無しさん@おだいじに:2017/05/08(月) 23:28:49.45 ID:+nDnW3WZ.net

「牧畜業者」、これは、医師会会長だった武見太郎氏が
精神病院経営者について名づけた言葉。

医学的には不必要な、諸外国なら地域で暮らせる人を、1人、入院させておけば、
年間500万円が病院の収入になるのが「社会的入院」。

19 :名無しさん@おだいじに:2017/05/02(火) 22:14:17.14 ID:???.net

>>18
> 塩崎厚生労働臣が実態を把握していないことを認め、原因究明と調査に乗り出す
> ことを国が明言したのであります!

塩崎は、日精協政治連盟から献金を受けている議員の1人だ。
あまり期待はできない。
 

コメント