利用範囲や機能などに多くのメリットがあるVISAカード

VISAカードとは、世界で最も規模の大きな国際ブランドクレジットカードです。

規模が大きいということは、加盟店が多く、様々な場所で利用できるということです。クレジットカードによっては、国内の決まった店舗でしか利用できないのですが、VISAカードに関しては世界中に約3000万もの加盟店があります。そのため、全世界でクレジット決済によるショッピングを楽しむことができるのです。

海外旅行での現金での買い物の場合、出国の前後に海外の通貨に両替をしておく必要があります。つまり旅行の準備における手間隙が、その分多めにかかってしまうわけです。また、その外国通貨の使用に慣れていない場合、会計時に財布からどの紙幣や硬貨をどのくらい出せば良いのか分からず、手間取ることもあります。さらに、店員から渡された釣り銭に間違いがないかどうか、細かく確認することも困難です。また、帰国後には使用せずに残った外国通貨を、再び日本円に両替することになる場合もあります。

こういった煩わしさが、最大手国際ブランドのVISAカードを所持することで、かなり減るのです。加盟店のみで買い物をすれば、外国通貨への両替は必要ありませんし、会計は現金を扱わず自動でおこなわれるのでスピーディです。ショッピングだけでなく、ホテルやレストランでの支払いにも利用できます。

さらに、現金が必要という場合には、その国のATMでその国の通貨を引き出すことも可能となっています。利用できるATMは、200以上の国に200万台以上あります。そのため海外に行く機会の多い人にとって、非常にオススメと言えます。

もちろん日本国内にも加盟店は多数あります。もともとVISAカードはアメリカの大手銀行が設立した企業が立ち上げた国際ブランドなのですが、その企業では発行はおこなわれていません。実際に発行しているのは、その企業に認定された金融機関やクレジットカード会社なのです。そのためたとえば日本の都市銀行でも地方銀行でも、申し込み手続きをおこない、発行してもらうことができます。

日本で発行されるのですから、当然日本国内で利用できます。大手コンビニエンスストアでも利用できますし、公共料金の支払いにも使うことができます。そのため、海外旅行に行く機会が少ない人にとってもオススメなのです。

また一部の加盟店では、利用することで特典がつくことがあります。たとえば宿泊費や商品の代金が10%ほど安くなったり、レストランでドリンクを無料でサービスしてもらえたりするのです。

このように利用範囲や機能などにおいて多くのメリットがあるため、VISAカードの会員は全世界に20億人以上いると言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です