VISAのカードを持つ理由

クレジットカードの決済を行うシステムには、いくつかの種類があります。

国境を越えてもシステムを提供している会社が同じなので、一枚のカードがあれば世界中で買い物ができるようになるのです。

そんなシステムを提供する会社は国際ブランドと呼ばれ5つの会社でシェアを分け合っています。

最もシェアがあるのは国際ブランドはVISAのカードです。

発行枚数だけでなく加盟店の数も一番多いので、国内はもちろんのこと国外で買い物をするときにVISAカードが使えないという事態は起こりにくいのです。

ただ、勘違いしてはいけないのはVISA自身がカードの発行をしていません。

あくまでもVISAから発行ライセンスというものを取得した金融機関などが発行しているという形なのです。それゆえに、決済は行うものの誰がカードの所有者であるかということをVISAが把握しているわけではないのです。

それでは、肝心のサービスに支障をきたすように思えるかもしれませんが、そもそも発行ライセンスは無条件に取得できるものではありません。厳しい審査を受けて、なおかつそれなりの費用を支払える能力がある会社でなければ発行ライセンスを認められないのです。それはすなわち、十分なサポート体制を用意できる会社が発行していることになります。

それゆえに、カード所有者にとっては最も使いやすい国際ブランドであり、発行している会社にとっては発行ライセンスを持っているということがステータスになるのです。

さらに、発行する会社ごとに独自のサービスがあることも魅力です。

買い物をしたときに付与されるポイントサービスや年会費、割引サービスなどを考慮して最も自分のライフスタイルに合った会社を選ぶことが出来るのです。

例えば、お得に買い物をしたいというのであれば、ポイントの還元率が高い会社がその要求に合っています。

ほかにも魅力を挙げるならば、発行会社の特典だけでなくVISAが提供する特典を受けることが出来る点です。持っているカードのランクによって、特典の内容は異なりますが代表的なものでは空港ラウンジサービスの利用やホテルの優待サービス、旅行をしているときに荷物の紛失や盗難が起きた場合電話でサポートを受けることが出来るサービスなどです。

サービスを受けるために電話をする場合、電話窓口は24時間対応で海外でも日本語での案内をしてくれますから、いつでもどこでも安心して利用することが出来ます。

それから、発行会社によって締め日と支払日も異なる点にも注意しましょう。

月末締めにすれば使用額を把握しやすいとか、給料日後に支払日があるほうが残高不足にあることはない、といったように実際に使うときのことを考えると、後々不便を感じることはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加