VISAカードのメリット

クレジットカードはいろんな種類があって、作るときどれで作ればいいか迷ってしまいますよね。そこで今回はVISAカードのいい点にスポットライトを当ててみていきたいと思います。

まず一つ目には、年会費無料のカードが充実している点にあります。クレジットにはポイントをためておとくになることもありますが、それ以上に種類によっては入会金や年会費が結構かかるものもあります。節約目的のかたはこれではあんまりですよね。あまりクレジットカードは使わないけど一枚ぐらいはもっておきたい人や、ETCカードを作りたいためにクレジットカードを作る人は入会費や年会費はただがいいですよね。VISAはその入会金、年会費が無料のカードが多いので手軽に申し込み出来ます。

二つ目には国際ブランドであることが挙げられます。国際ブランドであることのメリットはクレジットを利用する場合には当然加盟店でなければ使用できません。また日本で使えても世界の国々で同じ会社のものが使えるとは限りません。VISAはアメリカのクレジット会社なのでアメリカはもちろんのこと世界各国で一般的に使われています。ちなみに加盟店の件数でいえば、一番多いみたいです。海外旅行に行くとクレジット決済のみのところも多々あるので、海外に行く機会の多い人はぜひ一枚もっておくと心強いでしょう。そうすることで必要以上に両替することもないので、手数料の点から見ても節約になりますし、なにより現金を持っているために、すりや強盗に会うといったことも防げるでしょう。

三つ目にはポイント交換の種類が豊富なことです。せっかく貯めたポイントも有効な利用先がなければ意味ないですよね。VISAでは、キャッシュバックを初めとしてマイルや商品券、その他多数の交換先があります。これによって使う人それぞれにとってもっとも使いやすくなるでしょう。

四つ目にはクレジットカードを発行する際に、だいたいの発行会社でVISAが選択できることです。せっかく申し込みをしようとしても、VISAを選択できなければ発行できないです。しかしどこで申し込んでもだいたいは選ぶことが出来るので、ひいきにしている店や銀行などで発行しやすいのが大きなメリットとなっています。

結論をいいますとクレジットの種類はたくさんありますが世界的に見てもやはり汎用性の高いので、少なくとも一枚は持っておくべきでしょう。クレジットを何枚ももつのがいやな人はこれだけの実用性があるので一枚だけ持つとしたらVISAでよいと思いますし、まだクレジットを作ったことのない学生さんとかは初めの一枚目に迷ったときはVISAを最初に入ってみるのが無難でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加