VISAカードの特徴

少し前に、VISAカードのCMで新聞代でもVISAが使えます。という触れ込みをしていたことを覚えていますか。

あれは、どういうことかというと非常に使いやすいカードですのでどこでも使えるんですよ。

ということが言いたいCMとなっていました。

実際そうだと思います。

私自身VISAカードを1枚所有していますが契約によってカードは海外でも使えますしマスターや他の物はだめだけど、VISAはO.Kというお店もかなりあります。

VISAカード自体が本当に使いやすくて便利なカードですので、普段クレジットカードは使いませんという人もいるかと思いますが、使わないにしても何か現金が足りない時にお守りとして持っているのもありだと思います。

クレジットカードは敬遠しがちな人もこの記事を読んでいただいている方の中にはいるかと思います。

お金を払うのであれば、現金がいいという現金主義の方。

当座預金を所有されている方なら、小切手で支払いをされている方もいらっしゃるかもしれません。

小切手の支払いをしている方で、クレジットなんか使わないという人はあまりいないかもしれませんが現金主義者の中には絶対にクレジットなんか持たないという人は多くいることと思います。

常に何万も財布の中に入れて、かつ安全に行動できるという人ならリスクはそれほどありませんし、日本では大丈夫だと思います。

それが外国だとしたら、いかがでしょうか。

日本のように人の物は取らないのが当たり前なくにと違い、外国の方は何でも取っていきます。

なので、現金なんかが目に入ってしまったらそれこそ根こそぎ持って行かれるかもしれません。

それこそ大金を入れていたら、命ごととりに来る可能性もあります。

海外旅行に行く可能性がある人は必須で持っておくべきです。

取られても止めるだけでいいのですごく安心です。

日本国内でいる人はどうでしょうか。

日本だと安全ではないのか。と思われた方もいらっしゃると思います。

今、日本国内でも物取りというのは残念ながら横行しています。

大量の現金が見えたら本当に殴ってでも取ろうとする人も出てきたのが現状です。

しかし、大量に現金が見えていなければ取られる可能性は低く、特にクレジットを取っても使い道があまりないので取ろうとしません。

なので、国内でいる人でも現金を大量に持って移動するくらいであればクレジットを一枚入れている方が安全です。

そして、どうせ作るならどこでも作りやすく使いやすいVISAにするべきです。

現金で全てを終わらせるのは非常にいいことですが、万一の現金が足りなかった時や、大金を持ち出すリスクを減らす為にVISAのクレジットを1枚所有してみるのもいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加