マスターカードという名前のクレジットカードについて

 クレジットカードは様々な運営会社から発行されていますので、カードの名前も券面デザインも多種多様になっています。

でも、発行会社がつけたカード名の他に必ずもう1つのカード名が記載されていることをご存知でしょうか。

それはそのカードの国際ブランドの名称です。クレジットカードの国際ブランドにも様々な種類のものがありますが、現在主に使用されているのは5つのブランドです。

その中でも圧倒的に高いシェアを占めている二大トップブランドがあるのですが、そのうちの1つがマスターカードです。

 国際ブランドが付いていないクレジットカードは、利用シーンが大幅に制限されてしまいます。

海外での使用は全くできませんし、国内でもカード発行会社と直接契約を結んでいる店舗でしか使用することができなくなってしまいますから、快適に使用することができません。

そのため、ほとんどのクレジットカードに国際ブランドが付いているのですが、国際ブランドとしてマスターカードが選ばれるケースがとても多くなっています。

 なぜマスターカードが付いているケースが多くなっているのかというと、契約店舗数が非常に多いためです。

特に海外に数多くの契約店舗があるため、ビジネスや観光目的で海外へ行くことが多い人によく利用されています。海外では、現金が使用できないシステムになっている場合が少なくないため、クレジットカードを持っていないととても不便な思いをしてしまう可能性があります。

また、ホテルに宿泊する際の身分証明書としてカードの事前提示を求められることがよくあります。そのような時に契約店舗数が多いマスターカードを1枚持っていると、とても便利です。

マスターカードはとても信頼性が高いカードなので、どのようなシーンでも快適に使用することができます。

また、カードホルダーに対する特典が数多く用意されている点も、多くの人に利用される理由の1つになっています。

 また、マスターカードが使えるATMの設置台数がとても多くなっていることも、高い人気を呼ぶ理由になっています。

世界中の主要空港には必ずマスターカードのATMが設置されていますので、重宝することができます。

いちいち空港の両替カウンターに並ばなくても、ATMで現地通貨を引き出すことができるので、余計な時間を割かれてしまう心配がありません。

それに加えて、世界中どこにいても利用できるサポートサービスが用意されているため、多くの人がマスターカードを利用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加