マスターカードという名前のクレジットカードについて

 マスターカードは、世界で1、2の高いシェアを誇るクレジットカードの国際ブランドです。現在世界的に名が知られているクレジットカードの国際ブランドは5つあります。近年になって、中国企業が運営する新しい国際ブランドが急速にその勢力を拡大してきており、6大ブランドと言われることもあります。

その中でも特にユーザーが多い国際ブランドが2つあるのですが、そのうちの1つがマスターカードです。

 マスターカードの本社はアメリカのニューヨークにありますが、ヨーロッパの加盟店が多いことで知られています。

ヨーロッパでは、マスターカードが使えない店を探すことの方が難しいと言われているくらいですので、ビジネスや観光旅行でヨーロッパへ行く人は、マスターカードが国際ブランドになっているクレジットカードを携行するようにした方がよいです。

ヨーロッパにあるホテルや店舗の中には、マスターカード以外の決済方法を認めていないようなところもありますので、持っていないと不便な思いをしてしまう可能性が高いです。

また、多額の現金を持ち歩くのは無用心ですから、利用可能店舗数が多いクレジットカードを持っておくに越したことはありません。

 マスターカードのキャッチフレーズは「Priceless」です。

また「お金で買えない価値がある」というキャッチコピーも有名です。テレビコマーシャルなどでこれらの言葉を耳にした経験がある人が大勢いるのではないでしょうか。

実際に、それらの言葉に恥じないだけのきめ細やかなサービスが提供されているため、多くの人が利用しています。

なんと、世界200ヵ国以上で使えるようになっていますので、初めて海外旅行に行く人がよく利用しています。

 このマスターカードには、スタンダードカードの他に、ゴールドカード、チタンカード、プラチナカード、ワールドカードが用意されています。

なので、それぞれの人が自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選べるようになっています。

日常的な買い物で使えるだけで十分だという人や、初めてクレジットカードを作るという人には、スタンダードカードをおすすめすることができます。

しかし、ハイグレードなサービスの提供を希望している人や、高額の支払いにも対応できるカードが欲しいと思っている人は、プラチナカードやワールドカードを発行してもらうようにした方がよいです。

ただし、カードのグレードによって審査条件や年会費の金額などが変わってきますので、事前によく調べてみることをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加