国際ブランドのマスターカードについて

 「Priceless」や「お金では買えない価値がある、買えるものはマスターカードで」のキャッチコピーでおなじみのMasterCardは、5大国際ブランドのひとつであり、VISAに次ぐ世界第2位の決済業務会社となります。

MasterCardの本社はアメリカであり、ドイツのユーロカードとの合併によってスタートしたという経緯があります。

VISAと同様にMasterCardは、決済機能のみを提供しており、自社でクレジットカードを発行していません。

ライセンシングした企業が、クレジットカードを発行しています。

 クレジットカードに付帯するサービスのほとんどは、国際ブランドではなくライセンシングした、カード発行会社によって提供されています。

しかし、最近では、VISAやMasterCardでも、決済だけではない別のサービスも充実させているのが現状です。

MasterCardでは、海外優待キャンペーンが展開されており、ショッピングやアトラクション、トラベル、ダイニング、ミュージックをテーマにして、優待特典が設けられています。

ディスカウントやスペシャルプレゼントなども用意されています。

 前述しましたように、ユーロカードとの合併によってスタートしために、MasterCardは、ヨーロッパ方面に強いといわれていました。

しかし、現在ではVISAカードの使用範囲とほとんど変わらなくなっており、ハワイやオーストラリア、アジアの各国でも幅広く利用することができます。

 一般的にクレジットカードであれば、「一般カード」や「ゴールドカード」、その上の「プラチナカード」、「ブラックカード」などという分類になるのですが、自社でクレジットカードを発行していないMasterCardでも、独自のランクを設定しています。

それぞれのランクに、特典やサービスが設けられており、ランクが高いほど受けられる特典やサービスの内容や質も向上していきます。

日本国内だけではなく、世界各国でのおもてなしが、充実しているのが特徴となります。

 現在ではたくさんのクレジットカード発行会社から、MasterCardブランドが発行されており、どこででも利用することが可能となっています。

日本におけるMasterCardの始まりは、1970年にダイヤモンドクレジットが、国際ブランドとしてクレジットカードを発行したのが最初となります。

ちなみに、ダイヤモンドクレジットとは、DCカード、現在の三菱UFJニコスのことです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加