マスターカードは海外での2大カードブランドの一つです。

マスターカードは世界2大ブランドのクレジットカードの一つです。

クレジットカードというと、クレジットカード会社がカードを発行するものというイメージを持つのが一般的なのですが、マスターカードの場合はマスターカード自体がクレジットカードを発行するということではありません。

マスターカードが提携するクレジットカード会社がカードを発行するという仕組みになっています。

従って、顧客の情報を直接取り扱っていないため、顧客情報は提携をしているカード発行会社が管理をするということになっています。

したがって、利用明細や紛失など一般的なカードによくあるトラブルについてはカード発行会社に相談して解決してもらうということになっています。

マスターカードは直接カードを発行しないため発行の申し込みはライセンスを取得したカード会社や金融機関より発行されます。

したがって、年会費や年利、支払い方法、旅行保険などのサービスはそれらの会社等によって設定が異なり、さまざまなバリエーションがあるというのも特徴です。

よくあるのはクレジット会社がデパートなどと提携してカードを発行するというパターンですが、マスターカードの場合はカード発行会社と金融機関が提携先であるというところが特徴なのです。

利用の状況により、スタンダード、ゴールドカードやプラチナカードなどというものも選択することが可能です。

世界数万か所で利用できるのがマスターカードの特徴であり、万一、不正利用された場合にも十分な対応があるのも特徴です。

また世界での利用におけるATMについては210か国以上で利用が可能で、利用可能な場所はWEBで情報提供されているので予めチェックしてから出かけると非常に便利に使うことが可能です。

24時間対応の緊急サービスの提供も安心できる特徴の一つです。

365日、24時間無休のサービスで、カードの盗難、紛失、緊急のカードの再発行、緊急時のキャッシングサービス、カードが使えるATMの所在地の検索といったサービスをフリーダイヤルやコレクトコールで対応してくれるので安心です。

また、万が一、不正使用された場合の支払いの義務はないとされているのも特徴です。もちろん、カードの所有者が盗難等に適切な防衛対策を講じている場合などの条件はありますが、そうした対応をしていれば、不正使用への支払いの義務は一切ないという形でカード所有者は保護されているのです。

安心で世界各国で使える信頼のクレジットカードのブランドがマスターカードなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加