VISAカードについて、ご紹介しします。

 VISA(ビザ)やMaster(マスター)は、クレジットの発行会社ではありません。ビザやマスターは、「国際カードブランド」と呼ばれるものであり、いわゆるクレジットカードの世界共通規格というわけです。つまり、VISAのマークがつくクレジットカードであれば、世界中のビザ取扱店で使用することができます。例えば、三井住友ビザカードであれば、実際の業務を行うのは三井住友銀行グループであり、CARDの発行会社となります。

 VISAを統括する「ビザ・インターナショナル」は、世界各国の銀行が共同で運営する、CARD管理のための非営利団体です。VISA5大ブランドの中で、もっともCARD普及率が高く、世界の約60%のシェアを占めているのが現状です。そのほかのシェア率については、マスターが約28パーセントのシェアを占め、アメリカン・エキスプレスが約10%、日本初の国際ブランドであるJCBに至っては、約1.3%のシェアとなっています。それに、DinersClubを加えた5つが5大国際ブランドであり、現在発行されているほとんどのクレジットカードには、いずれかの国際ブランドがついているというわけです。

 前述しましたように、VISAはただの決済機構であり、自社で発行するクレジットカードは存在しません。サービスやサポート、入会審査や利用者の管理など、全ての業務は、発行会社が担当しています。紛失や盗難時の対応などもすべてそうです。更新時期に届く新しいCARDも、毎月の利用明細書も、発行会社から届いています。ゆえに、ひと口にVISAといっても、発行会社が違えば審査基準も、ついてくるサービスも、デスクの対応もすべて異なるということになります。

 ライフやOMC、ニコスなどのカード、いわゆる国内ブランドのCARDは、加盟店ではクレジット決済ができますが、加盟店になっていない店では使用することができません。特に、国内ブランドの海外での使用は、極端に厳しくなるのが現状です。その不便さを解消するために、発行会社は国際的なクレジット決済機構と提携するというわけです。VISAなどの国際ブランドと提携することによって、自社加盟店以外でも、ほとんど世界中で、クレジット決済が可能となるわけです。

 世界的シェアからみても、国際ブランドを選ぶ際には、やはりビザかマスターをおすすめします。さらに、発行会社によって、年会費や各種サービスなどが異なります。最近では海外旅行の保険が、自動付帯されているクレジットカードも少なくありません。クレジット発行会社を選ぶ際には、ご自分の生活にあったサービスを提供している発行会社を選ぶようにしましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です